新入社員研修は社会人への一歩に|マナーぶ常識力

笑顔

会社の顔を育てる

営業は非常に大切です

仲間

言うまでも無いことですが、会社にとって営業というのは花形であり無くてはならないものです。今でこそIT業界などのように営業の重要性が少なくなっている業界もありますが、依然として多くの会社では営業はとても大切な部署です。 しかし、営業を育てるとなると多くの問題があります。社内の人員に教育担当をさせようとして、長い間第一線として活躍してきた人に研修をお願いしようとしても時代や年代の違いなどがあります。そのため営業結果が良い人が良い講師であるかというと必ずしもそうであるわけではありません。そのため研修指導に関しては外部に委託して、社員を育てるというのが最近の流行です。研修を外部に委託するというのは大きなメリットがあります。

研修を代行してもらえます

営業というのは花形であり、会社の主力として育てるためにはしっかりとした研修が必要です。その研修を外部に委託するメリットとしては大きく分けて2つあります。 1つ目はコスト面が掛からないというところです。社内の人間に頼むと研修担当として指導するための勉強をしなければなりませんし、その分負担が大きくなります。あくまで営業として成績を残してるわけであり、指導担当としての成績を残しているわけではないため時間がかかります。 2つ目としては、指導の均一化ということがあります。営業で結果を残してきた人というのは個性が強いことが多く指導には向かない事があります。会社から離れた外部の研修担当の人間は均等的な指導ができるため、人気があります。